Our Initiatives on SDGs 
SDGsの取り組みについて

当社は、SDGsの精神を尊重し持続可能な社会を目指し、次の具体的活動を実践しています。
エネルギーをみんなに そしてクリーンに

徹底した省エネ・節電とクールビズ・ウォームビズを実施しています。

産業と技術革新の基盤を作ろう

災害からデータ資産を守るデータ保存システムの開発を推進しています。

つくる責任 つかう責任

環境上不適切な化学物質は使わない製品開発を継続的に実施しています。

気候変動に具体的な対策を

CO2削減と大容量データ保存を両立するストレージシステムの開発・販売を推進しています。

ユニテックス x SDGs

当社は創業以来コンピュータストレージに特化し、磁気テープや光ディスクなどの情報保持時には電力を使わないリムーバルストレージを得意とする数少ない企業です。特に当社は1巻あたり最大45TBの大容量データを安心・安全に保存できるLTO磁気テープメディアを活用したデータ保存管理システムの開発・販売に力を注いでいます。その中で当社が独自開発した、どこでも、簡便に、誰にでも使える世界唯一のUSB接続LTOデータ保存管理システム(USB-LTO)はCO2削減に大きな貢献をしています。USB-LTOシステムと一般的なハードディスクシステムで同じデータ量を保存した場合、USB-LTOシステムのCO2排出量はハードディスクシステムに比べて約4%~10%(*)のみとなります。
ユニテックスはこれからもビジネスを行う上で必要不可欠となる大量データの保存と地球にやさしいデータ保存の両立に取り組み『SDGsな企業』になることを目指していきます。
(*) 出典元:JEITAテープストレージ専門委員会

SDGsに関わる掲載記事

2022年3月29日
2021年10月15日