ニュース

> ニュース > 2020年9月29日ニュース



UNITEX LTO & Square Box Systems CatDV

最新LTシリーズにて Square Box Systems 社の
メディアアセットマネジメント(MAM)システム「CatDV」の検証実施

株式会社アスク メディア&エンタープライズ事業部(アスク・エムイー)様のご協力により、Square Box Systems社 MAMシステム「CatDV」とユニテックス社 USB3.0接続 LTOテープ装置「LTシリーズ」との動作検証が実現し、「CatDV」から直接アーカイブ/リトリーブできることを確認いたしました。

今回の検証結果により、テープによるアーカイブを検討されているお客様は、今まで以上に柔軟なご提案が可能となりました。USB接続 LTOテープ装置を利用することで、特殊な拡張カードなしでサーバやノートPC、パソコンでも簡単に導入できる点に加え、OSを停止・再起動させずLTOテープ装置の接続および取り外しができる点など、他社テープ装置が抱えていた課題を解決します。また、アーカイブ/リトリーブを小規模なシステム構成でも実現可能となりました。

「CatDV」動作確認済み UNITEX 製 LTO テープ装置

ジェネレーション LTO-8 / LTO-7 / LTO-6
インタフェース USB/SAS


●Square Box Systems社「CatDV」 概要
CatDVは、DVテープをデータベース化し、カタログに保存するためのソフトウェアとして2000年にリリースされました。CatDVは当初コンシューマーをターゲットとしていましたが、その革新性はすぐに認められ、プロフェッショナル用途
(大手プロダクションや放送業界)での利用のためにネットワーク化と自動化などの機能が追加されました。
現在、CatDVシリーズは、ファイルベースおよび XMLベースのワークフローにも対応し、個人からエンタープライズ向けまで幅広いユーザーに対して新たな利便性と革新を提供し続けています。
ウェブサイト: http://www.squarebox.com
ウェブサイト [日本語]: https://www.ask-media.jp/squarebox.html
●アスク メディア&エンタープライズ事業部について
アスク メディア&エンタープライズ(ASK M&E)事業部は、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。映像関連市場に於いて、リーディングカンパニーになることが私たちの目標です。常に【お客様の立場で考えること】をモットーに、質の高いサービス、魅力的な製品を追い続け、現場でのシステム運用効率の向上にも貢献すべく、ソリューション開発を進めていきたいと考えています。
ウェブサイト: https://www.ask-media.jp/

お問い合わせフォーム