MCS3500

System

MCS3500
マルチメディアコンバータ

異なるシステム、異なるメディアでの
 データ交換用マルチメディアコンバータ。
レガシーテープから光ディスクまで、多種多様な媒体の受入・返却に対応。

特長

多様な媒体でのデータ交換業務に特化した受入・返却システム

  • データ交換業務で使われる媒体に応じて、必要なデバイスオプションを自由に選択
  • 旧来から銀行と企業間で利用されている1/2インチ磁気テープやFD、MOなどのレガシーメディアから、新しく全銀協より指定されたメディアにも対応

自社内でのソフトウェア開発

  • ソフトウェアをすべて自社開発することで、お客様の業務形態に合わせたシステムカスタマイズ、導入後の改良にも柔軟に対応
  • 金融機関で多くの実績があるCOMPLOCKⅡ(富士通エフ・アイ・ピー社)、秘文(日立ソリューションズ社)などの他社ソフトウェアとの連携

機能

全銀協フォーマット・データ交換

  • 全銀協フォーマットの光ディスク基準に準拠した受入/返却処理
  • 装填された媒体から委託先を自動判別し、処理方法を自動的に決定
  • 読み込んだヘッダ/データ/トレーラレコードから総件数と送金額を計算

不正操作によるデータ改竄、外部漏洩の防止

  • ユーザー毎に操作の権限を設定することが可能
  • ユーザー毎の役割を適切に設定することにより、情報漏洩や誤操作を防止

データ暗号化ソフトウェアによるセキュリティの強化

  • COMPLOCKII、秘文暗号化オプションにより、各種メディアのデータの暗号化と復号化が可能
  • 暗号化キー等の情報は暗号化されたデータベースで管理するため、オペレータによる管理は不要
  • メディア入出力の業務実行と同時に自動で暗号化・復号化

充実したユーティリティ機能を提供

  • ファイルデータを画面上にダンプ表示
  • 同種メディア/同種フォーマットのファイルコピー
  • 異種メディア/異種フォーマットへの変換
  • メディアの物理フォーマット/論理フォーマット

履歴管理

  • 実行した書込業務/読込業務の処理履歴を表示
  • 日時やメディア種別などの条件で履歴検索機能を搭載
  • 検索結果をテキストファイルや帳票として出力することで、操作の証跡として管理することが可能

主な使用例

BCP(事業継続計画)への取り組みとして
複数サイトでのデータ交換システムの稼働

365

  • システムを冗長構成とすることで、障害発生時でも冗長機器で運用を継続
  • データベースはミラーリングを行う事により、被災時にもスムーズに災害対策システムに移行することが可能

仕様

システム制御装置
型名 MCS3500 MCS3500 LT
オペレーティングシステム Windows Server 2012/2012 R2/2016 Standard
制御ソフトウェア MCS3500統合管理ソフトウェア
メモリ 8GB
ハードディスク 500GB 以上 RAID構成
ネットワーク 冗長構成有り 冗長構成無し
モデル ラック型/タワー型 タワー型
添付品 モニタ、キーボード、マウス
デバイスオプション
装置 機種 仕様
CMT装置 シングルモデル(USB/SCSI) 18Track Read,36Track Read/Write
CMT装置 5巻オートローダモデル(USB/SCSI) 18Track Read,36Track Read/Write
CMT装置 10巻オートローダモデル(USB/SCSI) 18/36Track Read/Write
DAT装置 シングルモデル(USB/SCSI) DAT-160/DAT-320
FD装置 3.5インチFDオートローダモデル 50枚オートローダ IBM/DOS
フォーマット
FD装置 3.5インチシングルモデル IBM/DOSフォーマット
MO装置 3.5インチMOシングルモデル(USB) 2.3/1.3G/640/540/230/128MB
DVD/CD装置 シングルモデル(USB/SAS) CD-R/RW,DVD-R/±RW/-RAM
DVD/CD
パブリッシングシステム
オートローダモデル オートローダ 100枚/200枚
CD-R/RW,DVD-R/±RW/-RAM
BD装置 シングルモデル(USB/SATA) BD-RE/RE-DL/BD-R/R DL
CD-R/RW,DVD-R/±RW/-RAM
LTO装置 シングルモデル(USB/SAS) LTO-3/4/5/6/7/8
ソフトウェアオプション
型名 品 名 仕様
MCS FT2000 FT2000データ伝送ソフトウェア FTP/HULFTを利用してを利用してホストシステムとのデータ伝送を行います。
MCS HULFT HULFT連携ソフトウェア HULFTによるファイル転送やバッチ処理など、MCS3500との業務連携を行います。
MCS ZENGIN 全銀協フォーマットソフトウェア 全銀協フォーマットに合致しているかを項目属性や件数/金額とトレーラレコード照合などを行い検査します。
MCS TapeTRAN データ変換ソフトウェア ファイルの汎用的なデータ変換を行います。1バイト/2バイト文字コード変換、項目属性変換などが可能です。
MCS COMPLOCKⅡ COMPLOCKⅡ 暗号化ソフトウェア COMPLOCKⅡによる、ファイルの暗号化/復号化を行います。
MCS 秘文DE 秘文 暗号化ソフトウェア 秘文による、ファイルの暗号化/復号化を行います。
MCS Zip Zip 暗号化ソフトウェア Zipによる、ファイルの暗号化/復号化を行います。
MCS TapeTRAN-LTO LTOデータ変換ソフトウェア LTOテープデータのデータ変換を行います。1バイト/2バイト文字コード変換、項目属性変換などが可能です。
MCS QR QRコード連携ソフトウェア QRコードを利用し、指示書とメディア照合による業務管理を行います。
MCS BarCode バーコード連携ソフトウェア バーコード印刷/読込み連携を行います。
MCS ODA ODA連携ソフトウェア DVDパブリッシャの制御を行います。
MCS FASTDVD Cluster ODAクラスタリングソフトウェア DVDパブリッシャ複数台構成時の冗長化が可能です。
MCS Backup&Recovery システムバックアップソフトウェア システム制御装置のバックアップ、リストアを行います。

※「 COMPLOCK 」は富士通エフ・アイ・ピー株式会社の登録商標です。

FT2000/HULFT2000 データ伝送制御装置
オペレーティングシステム Windows Server 2012/2012 R2/2016 Standard
データベース管理ソフトウェア Microsoft SQL Server 2014/2016
メモリ 8GB
ハードディスク 500GB 以上 RAID構成
ネットワーク 冗長構成有り
仮想マシン 構成可能

※ 制御装置仕様は、予告なく変更する場合があります。

対応メディア

お問い合わせフォーム