MTCHG

Software

MTCHG
テープチェンジャソフトウェア

コマンドラインで安価にチェンジャ制御可能。

特長

MTCHGはテープチェンジャ装置をコントロールする
コマンドラインソフトウェアです。

  • UNIX / Linuxのtarコマンド等と併用してチェンジャ装置を使った大容量のバックアップが可能。
  • Windows標準のMicrosoft Windowsバックアップと併用してのバックアップ。
  • TarBackup for Windowsと併用してUNIX / Linux同様な、tar形式でチェンジャ装置を使った大容量のバックアップが可能。
    また、そのテープはUNIX / Linuxでの読込みができます。

機能

テープの交換や再生などを一括操作

  • テープ装置、チェンジャ装置の検索
  • テープのリワインド動作
  • テープのアンロード動作
  • ファイルスキップ動作
  • チェンジャのテープ装置とスロット内のテープの有無表示
  • チェンジャのロード (スロットからテープ装置への移動) 
  • チェンジャのアンロード (テープを元のスロットへ戻す) 
  • チェンジャ内のメディア移動 (テープ装置、スロット間の移動) 
  • エラー時の装置エラー情報を表示
    ※チェンジャ装置とは、一般的なチェンジャ装置、ローダ、ライブラリ装置を指します。
    1台以上のテープ装置と複数のスロットで構成されています。

OS / デバイス

◇ 対応OS

※Windowsは32bit版のみ対応

◇ 対応デバイス

各メーカのオートローダ/ライブラリ
詳しくは弊社営業にお問い合わせください

主なコマンド

ヘルプ表示 mtchg -h ヘルプを表示します。
装置検索 mtchg -f テープドライブまたはチェンジャを検索して表示します。
テープ装置のステータス mtchg status テープドライブにテープがロードされてレディ状態かチェックします。
テープ装置のアンロード mtchg offline テープドライブのテープをアンロードします。
テープのリワインド mtchg rewind リワインドしてテープの始端BOTへ移動します。
テープのフォワード
スキップファイル
mtchg fsf nn テープをnnで指定したファイルマーク分後ろへ移動します。
テープのバックフォワード
スキップファイル
mtchg bsf nn テープをnnで指定したファイルマーク分前へ移動します。
チェンジャのスロット情報取得 mtchg info チェンジャ装置内テープドライブとスロット内のテープの有無を表示します。
チェンジャのロード mtchg load  [ dd ]  ss チェンジャ装置のssで指定したスロットをddで指定したドライブへロードします。
チェンジャのアンロード mtchg unload  [ dd ]  チェンジャ装置のddで指定したテープドライブから元のスロットへ戻します。
チェンジャのスロット移動 mtchg move ss dd チェンジャ装置のssで指定したドライブ又はスロットをddで指定したドライブ又はスロットへテープを移動します。

お問い合わせフォーム