FASTapeLT

Software

UNITEX ArchiveLT
LTOアーカイブソフトウェア
新製品

LTOおよびHDD、オプティカルディスク・アーカイブへの
高速アーカイブ&リトリーブ、オフライン管理機能を
提供するアーカイブソフトウェア

LTOアーカイブソフトウェア特長(基本ソフトウェア)

UNITEX ArchiveLTの特長

高速アーカイブ&リトリーブ

高速アーカイブ&リトリーブ

UNITEX ArchiveLTは、独自のデータ転送アルゴリズムにより、デバイスの性能を最大限に活かす高速データアーカイブを可能にしています。
デバイスはLTO以外にも、HDDやSSDなどのディスクストレージ、オプティカルディスク・アーカイブにも対応し、高速にアーカイブすることができます。また、複数のデバイスへの同時アーカイブやアーカイブ後の自動ベリファイ、LTOテープの暗号化など、重要なデータを安全に取り扱うための機能を多数搭載しています。

※オプティカルディスク・アーカイブを使用するには、オプション・ライセンスが必要です。

アーカイブデータのオフライン管理

アーカイブデータのオフライン管理

アーカイブしたデータは管理情報に登録され、アーカイブデータのオフライン検索を行うことが可能です。 LTOに保管されているデータを確認することや、目的のデータがどのLTOに保管されているかを容易に検索できます。 また、アーカイブデータには任意のメタデータを最大15個まで登録することができます。例えば、メタデータにLTOの保管場所やデータの種類などを登録しておくことで多数のLTOの棚管理を容易に行うことが可能です。

安心の履歴管理機能

履歴管理機能

大切なデータ資産の処理結果は自動的に保存され、履歴管理画面にて確認することが可能です。

【履歴管理機能】
・処理結果
・処理データ一覧
 ・処理時間
 ・ハッシュ値(MD5/SHA-1)
 ・入力元/出力先情報
 ・パフォーマンス情報

※画面での確認だけでなく、レポートファイルとして出力することも可能です。

アーカイブデータの整合性チェック

アーカイブデータの整合性チェック

アーカイブしたデータは、各ファイルのハッシュ値が自動的に管理情報に登録されます。 整合性チェック機能では、アーカイブデータからハッシュ値を再計算し、管理情報のハッシュ値と突合することにより、アーカイブデータに変更がないことを確認できます。

他ソフトウェアからの移行

他ソフトウェアからの移行

UNITEX FASTapeLTや他社のソフトウェアにて作成されたメディアをスキャンすることにより、UNITEX ArchiveLTの管理情報に追加することができます。 本機能により、他のソフトウェアやシステムで作成されたメディアを取込み、UNITEX ArchiveLTで一元的にオフライン管理することができます。

フォルダ監視機能(Standardエディション標準機能)

フォルダ監視機能

フォルダを監視し、容量が設定値を超えたときに自動でアーカイブすることが可能です。容量超過の他に、ファイル数の超過や指定のファイル名の検出などでもアーカイブを開始することができます。 監視カメラの撮影データなど、日々肥大化していくデータをLTOへアーカイブすることで、ディスク容量を節約し、コストを抑えることができます。

スケジュール機能(Standardエディション標準機能)

スケジュール機能

「毎日6時」や「毎週金曜」というように、スケジューリングしてアーカイブすることができます。定期的なデータのバックアップなどを初回のジョブ登録操作のみで行うことができます。

エディション別 機能比較

機能 UNITEX ArchiveLT
Basic エディション
UNITEX ArchiveLT
Standard エディション
アーカイブ/リトリーブ
ユーティリティ機能(コピー/ベリファイ/フォーマット/複製)
オフライン機能管理
フォルダ監視アーカイブ×
スケジュール機能×
ジョブのコマンド実行×

柔軟なシステム構成

ノートPCを利用したエントリー構成からテープライブラリをサポートした
ミドルレンジ構成まで用途に応じて対応しています。

柔軟なシステム構成 ※別途オプションライセンスが必要です。

用途

映像データや監視カメラデータなどの
さまざまな大容量データのアーカイブ

大容量データのアーカイブ

映像データは4K、8Kと大容量化が進んでいます。また、映像データは素材、プロジェクト、メタデータファイルなど管理対象となるファイルが多数存在します。その他デジタル資産なども含め、どのように保存、管理していくかが課題となっています。 UNITEX ArchiveLTでは、信頼性があり、コストパフォーマンスにも優れたLTOにデータを保存し、管理する機能により、この課題を解決します。

LTO資産のオフライン管理

LTO資産のオフライン管理

UNITEX ArchiveLTでアーカイブしたデータは、管理情報に登録されます。また、過去に保存されたLTO資産や他のソフトウェアやシステムで作成したLTOも管理情報に登録することができ、一括してオフライン管理を行うことができます。

オフライン管理機能を利⽤することで、LTOを棚から出すことなく、どのデータがどこに保存されているかを容易に検索することができ、情報資産の有効活⽤ができるようになります。

ランサムウェア対策

ランサムウェア対策

重要なデータはLTOにアーカイブしてオフライン管理しておくことで、ランサムウェアなどによるセキュリティ被害を最小限に抑えることができます。 UNITEX ArchiveLTでは保存されたデータが必要となった時に容易にデータを取り出すことができます。

仕様

動作環境要件

名称 対応装置/環境
CPU Intel Core i3 以上
(推奨 Intel Xeon E3 4Core 以上)
メモリ 2GB以上 (推奨 8GB 以上)
推奨インタフェース USB 3.0 以上 ※USB機器を接続する場合
SAS 6Gbps 以上 ※SAS機器を接続する場合
ディスプレイ 解像度 XGA 以上が表示可能なディスプレイ
対応OS Windows 7(x86/x64)/ Windows 8 / 8.1(x86/x64)
Windows 10(x86/x64)Ver.1607以降 / Windows Server 2008 R2(x64)
Windows Server 2012 / 2012 R2(x64)
Windows Server 2016 (x64)

※ 記載のないOSについては、お問い合わせください。
対応装置 LTO シングルドライブ LT80H/70H/70/60H/60/50H/50(USB/SAS)
Dual LTO Series
フラッシュメモリ/ディスクストレージ
SONY オプティカルディスク・アーカイブ ODS-D280U

※ オプションライセンスが必要です。
対応媒体 LTO ULTRIUMカートリッジ(LTFS形式)
フラッシュメモリ/ディスクストレージ ※1
SONY オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ ODC3300R ※2

※1 FAT32 / exFAT / NTFS / UDF形式
※2 オプションライセンスが必要です。

お問い合わせフォーム