Arcserve Backup

Software

Arcserve Backup for Windows
バックアップソフトウェア

20年以上にわたって実績のあるテープバックアップ
簡単でシンプル、直感的に操作が可能

特長

構築の柔軟性

Arcserve Backupはエージェントテクノロジを採用しており、小規模から大規模まで必要に応じて導入・バックアップ環境の構築ができます。簡単でシンプル、直感的に操作可能で、習得も容易です。

さまざまなターゲットにデータをバックアップ

ディスクおよびテープへのバックアップをはじめ、仮想テープライブラリ(VTL)、クラウドへのバックアップにも対応しています。ハードウェアスナップショットにも対応し、バックアップの多重化、D2D2TやD2D2Cなどの階層化、マルチストリーミングによる効率化といったさまざまな拡張性を提供します。

バックアップデータの重複排除

データの肥大化対策として、Arcserve独自のデータ重複排除機能を標準装備しています。バックアップに必要となるディスクストレージ容量を削減し、長期間にわたって多くのバックアップデータが保管できます。

ストレージリソースマネージャー (SRM) レポートによるデータの把握

すべてのバックアップアクティビティの状態の監視、ノードの検出、バックアップデータの把握、本番サーバ上のボリューム、ディスク、およびメモリの使用状況の追跡が可能です。

機能

エージェントテクノロジ

管理を行うプライマリサーバ上でのローカル実行だけでなく、メンバとして登録された各サーバ上からリモートでバックアップを行う事も可能です。すべてのサーバに対して、バックアップ、リストア、マージ、スキャン、移行、コピー、比較などのジョブ操作を提供します。

容易な集中管理

小規模から大規模まで、あらゆる環境を1つの管理コンソールから管理し、可視化することが可能です。また、すべてのジョブ、セッション、格納先などの情報は一元化されており、管理が容易です。

レポート作成

レポート機能を使用することで、ドメイン内のすべてのサーバのスケジュールレポートを作成できます。作成したレポートにより、すべてのドメインサーバのスケジュールをプレビュー、印刷、またはメールでの送信ができます。

仕様

高速USB3.0 LTOテープ装置
Windows
型名 r18.0
r17.5
対応OS
Windows 2008
Windows 2008 R2
Small Business Server 2011
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
Windows 2008
Windows 2008 R2
Small Business Server 2011
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10

対応LTシリーズ
LTO-5:LT50 USB
LTO-6:LT60 SAS、LT60H USB、LT60H USB/SAS
LTO-7:LT70 SAS、LT70H USB、LT70H USB/SAS
LTO-8:LT80 SAS、LT80H USB、LT80H USB/SAS
詳細情報
詳細情報につきましては、メーカ ホームページをご参照ください。
※ 新しいウィンドウが開きます。

お問い合わせフォーム